HOME > V8新機能


V8新機能

V8.1新機能(2016年2月15日リリース)

Windows10に対応

エージェント、管理画面、遠隔操作オプション、SNMPマネージャーに対応しました。
※エディション「Windows 10 Pro」「Windows 10 Enterprise」に対応しました。
※クラウド版エージェントは3月中旬対応予定です。

V8新機能(2015年10月27日リリース)

マイナンバー対応関連

PC内にマイナンバーを含んだファイルがないかを検出することができます。
マイナンバーに関する業務パッケージとPCの操作ログをあわせて確認できます。※業務パッケージ限定

ファイルのアップロード/ダウンロードログ取得

WebへのファイルアップロードログとWebからのファイルダウンロードログを取得できます。※IEに限定

Webメールログ取得

Webメールの送信ログを取得できます。※IEに限定、Yahoo!メール/gmailに限定

操作ログ取得内容の拡張

USBデバイスの接続、未登録USBメディアの接続履歴を確認できます。

稼動情報取得内容の拡張

電源オン/オフ、ログイン/ログオフ、スクリーンセーバー、ロック、スリープ、休止状態を取得できます。

IPアドレス単位のプリンター集計

プリンターに接続しているPCを確認できます。 プリンター名や総印刷枚数も取得できます。

管理画面の機能強化

管理画面から不要なファイルアクセスログのフィルタ設定が可能になります。

管理画面からサーバー処理(日次/月次処理)の結果を確認できます。

遠隔操作オプションのWindows 8/8.1対応

遠隔操作エージェントの対応OSにWindows 8/8.1を追加します。

遠隔操作先PCがログオフ状態の場合でも、管理者からログオン操作が可能です。

クラウド版対応

小規模のお客様向けに、クラウドサービスで提供できます。※一部機能に限定

V7.2新機能(2014年9月26日リリース)

スマートフォンのPCへの接続制御設定機能

スマートフォンやデジタルカメラのMTP、PTPモードでの接続ができないように設定できます。

※PTP(Picture Transfer Protocol)はデジタルカメラからUSB接続でPCに画像を転送するプロトコルです。
 MTP(Media Transfer Protocol)はメディアデバイスとしての接続でPTPを拡張したものです。

※USB接続されるシリアル通信を行う機器が制御対象になる可能性がありますので、ご確認ください。

Red Hat Enterprise Linux 6.5に対応

管理サーバーがRed Hat Enterprise Linux 6.5に対応しました。

V7.1新機能(2014年2月20日リリース)

Windows8.1に対応

エージェント、管理画面がWindows 8.1(32bit/64bit版)に対応しました。

※エディション「Windows 8.1」「Windows 8.1 Pro」「Windows 8.1 Enterprise」に対応しました。
※遠隔操作オプションは未対応です。

Windows Server 2012に対応

エージェントがWindows Server 2012(64bit版)に対応しました。

iOS端末に対応 ※スマートデバイス管理オプション

エージェントの対応OSにiOSを追加しました。(一部機能制限あり)

リモートロック/リモートワイプ機能 ※スマートデバイス管理オプション

Android/iOS端末への遠隔操作による画面ロックとデータ消去が可能です。

V7新機能(2013年5月14日リリース)

管理画面操作ログ取得

管理者別(管理画面のログインユーザー別)に、閲覧情報や設定内容等の操作ログを取得できます。

管理画面閲覧内容の制限

管理者別(管理画面のログインユーザー別)に、各種情報タブの閲覧を制限できます。

グループ管理

管理画面の組織グループとは別のグループを作成し、そのグループに対して各種設定ができます。

特定グループ、特定PCでの許可USBメモリ利用可能

許可登録済みのUSBメモリについて、特定組織/グループ・特定PCの利用のみを許可できます。

Android端末に対応 ※オプション機能

エージェントの対応OSにAndroidを追加しました。(一部機能制限あり)

Windows 8に対応

エージェント、管理画面がWindows 8(32bit/64bit版)に対応しました。

※エディション「Windows 8」「Windows 8 Pro」「Windows 8 Enterprise」に対応しました。
※遠隔操作オプションは未対応です。

アラートメール通知の強化

パソコン警備隊管理サーバーのディスク空き容量が少なくなった場合に管理者へアラートメールを通知できます。

V6.1新機能(2011年6月1日リリース)

Windows 7(64bit版)に対応

エージェントソフトがWindows 7の64bit版に対応しました。
※エディションは「Professional」と「Ultimate」に対応しています。
※遠隔操作オプション、パッチ配信オプション、暗号化機能は64bit版未対応です。

監視遮断マネージャ・SNMPマネージャの対応OSの追加

対応OS に32bit版 Windows 7(Professional、Ultimate)と32bit版 Windows 2008 Serverが追加されました。

V6新機能(2010年7月1日リリース)

ソフトウェアの詳細なライセンス管理

購入したソフトウェアのライセンス数とインストール数のマッチングができます。また、MS-Office製品に関してはライセンス情報を自動収集できます。

USBメモリの利用制限

USBメモリの利用を禁止できます。
登録済みのUSBメモリのみ利用させることもできます。

警告メッセージの表示

特定アプリケーションの起動、データの持ち出し時に、利用者に警告メッセージを表示できます。

ポップアップメッセージ表示機能

管理者からクライアントへ任意メッセージを配信できます。

追加項目を10項目に増加

任意に手動入力できる項目をこれまでの4項目から10項目に増加しました。

データ持ち出し時の暗号化操作の向上

エクスプローラの右クリックメニューに暗号化機能を組み込みました。

管理画面のメニューを変更

アイコン表示を大きくし、よく利用される機能をボタン表示させました。
お問い合わせ
資料請求、デモのお申し込み、価格のお問い合わせはこちら
体験版お申し込み
体験版のお申し込みはこちら