クラウドサービスなので、サーバー導入の必要がなく、ローコストで容易に導入できます。

メニュー

  • 価格や導入に関するお問い合わせ
  • パソコン警備隊

パソコン警備隊 クラウド版とは

  • 01 資産管理

    利用者パソコンの情報を毎日パソコン警備隊サーバーに自動送信。 資産情報に変化があってもわかりやすい管理画面で確認できます。自動収集できない情報については、手入力により登録できます。機器の購入状態やリース等の終了年月日を管理できます。

  • 02 マイナンバー対策

    マイナンバーを取り扱う人事給与等の業務パッケージでの利用操作、業務パッケージからの出力操作をあわせて確認できますので、マイナンバー対策に必要なセキュリティ管理が可能です。
    ※連携可能な業務パッケージをお使いの場合のみ

  • 03 セキュリティリスト

    セキュリティリストはチェックすべきセキュリティ項目ごとの集計リストです。 監査しなければならないインシデントを一目で確認できます。

  • 04 ログ管理

    「どのパソコンで」「誰が」「いつ」「どのような操作を行ったか」を確認できます。事前に登録した禁止違反操作はわかりやすく色分け表示されます。

  • 05 デバイス制御

    USBメディア、固定ディスクなどドライブ種類ごとに、 利用許可のポリシーを登録できます。

  • 06 利用許可USB登録

    管理者が利用を許可したUSBメディアのみ利用可能な運用ができます。 さらに、パソコンごとに利用できるUSBメディアを設定できます。

  • 07 アプリ操作制御

    業務以外の不適切なアプリケーションの利用を禁止したり、 警告メッセージを表示することができます。

  • 08 印刷禁止

    印刷を最小限におさえるために、指定したパソコンからの印刷を 禁止することができます。

  • 09 管理画面操作ログ

    管理者が複数いる場合にも、管理者ごとにIDを設定しておくことで、 各管理者でどのような設定を変更したかどうか操作ログを確認できます。